幸せ家族の風景

やっぱり風俗の過去をたまに思い出す。

その度に夫が嫌いになる。

今まで優しくしてくれたこととか、全部無くなって、ただただ「汚い男」と思い、触れられるのも嫌になる。

このスイッチは、例えば風俗の看板とかを目にしただけでも入ってしまう。

自分でも、どうにもならなくて辛い。

だから、もうやめた。

このままだと、夫も、夫を責める自分も嫌いになるから。

どう頑張ったって「風俗が嫌だ」という私の感覚は変えられない。理屈じゃなく、個人の感覚だから。

そして、「風俗を利用した夫が嫌だ」という気持ちも一生変わらない。

だから、一生許さないことにした。

「風俗の過去は許せない。でも、今は夫といるのが幸せだと感じているから側にいる」

無理しないことにした。

今までは、「風俗が嫌だ」という気持ちと「でも結婚したんだから、許さなきゃ!一生側にいなきゃ!」という二つの気持ちがぶつかり合って、私の心の中で戦争が起きていた。そして、ストレスがたまり、泣きわめき、夫に八つ当たりしていた。

でも、「許さなくていいんだ。」って自分を許したら、気持ちが楽になった。

そして、一緒にいるのも「絶対一生」なんて決めないで、「私が夫といるのが幸せと感じてる間だけ」と決めたら、ほっとした。無理しなくてよくなった。(だからこそ、離れたいと思ったときに夫から離れても大丈夫なように、仕事を続け、経済的に安定できるようにする)

だって、無理して一緒にいて、夫婦喧嘩を子どもに見せつけるより、私が幸せな気持ちで子どもと接したほうが、よほど子どものためになると思うから。

なんか、そう決めたら、今まで、夫のことばかり考えていた自分がバカらしくなった。きっと脳が夫で90%くらい占められていたんだと思う。

自分の人生、一度しかない私の人生。

自分で自分の人生を幸せにするために、できることを考えよう。

夫のことばかり考えるのはやめよう。

むしろ、ポイッって投げておこう。

「許さない」このままでいいんだ。

もっと自分のために時間と人生を使おう!

 

 

おすすめの記事