出産中の女性と助産師さん、それを応援する旦那さん

先日、二人目が無事生まれました。母子共に無事で本当に良かったです。出産当日の出来事ややりとりを忘れないようにメモしてみました。

土曜06:00 おしるしが来た!

出産予定日の1週間前の土曜日、妻が朝トイレから

「おしるしが付いていた!」

と出てきた。お腹も痛いようである。まだ予定日1週間前なので油断していたが、経産婦は早めに産まれる事が多いと本に書いてあったことを思い出し、病院へ電話後に荷物を準備し、急いで病院へ。子どもは預かってもらって、妻と二人で産婦人科に行ってみてもらうことになった。

助産師さんが見てみるとまだ子宮口は開いていないとのこと。9時ごろに医者が来るのでそこまでは陣痛質で待機する事になり、コンビニに行って朝食用におにぎりを調達し食べた。妻のお腹の痛みは引いたようである。

9時になって診てもらうとやはりまだとのコトで、一度帰宅して様子見するように促された。ちょうどその日は検診の日だったので、家に帰らずにそのまま検診を受けて病院を後にした。

12:00 出産前最後の外食

子どもを預ってもらっているため、2人でパスタとピザの店に外食へ。妻と私が好きな店へ行った(翌週にその店は閉店・・・)。

妻にとっては出産前最後の外食で妻と二人っきりでの外食も久しぶり。出産後はしばらく外には出れないため、モリモリと味わった。妻もリラックスしてくれたようで、外食に行ってよかった。

14:00~ 早めのお風呂&夕食&就寝

子どもを家に連れ帰った後は、おそらく明日が出産になるだろうということで、早めにお風呂に入って夕食を作って食べ、就寝。

一人目のときは夜中に病院へ行ったので、今回も夜中に行く事になるのだろうか。

そんな事を思いながら私は就寝。

23:00~ 陣痛が強くなり病院へ

陣痛の感覚が10分おきになってきたので、23:00頃に再度病院へ出発。子どもは再度預ってもらった。

まずはじめに妻だけが陣痛室に行って状況を確認したりしてもらった。その間私は待合スペースで待機。

・・・・・

・・・・・

1時間経過しても何も連絡が来ない。何かあったのだろうかと心配になりつつ、待合スペースにおいてあった出産本を1冊読み終えていた。

病院についてから1時間半後ぐらいにやっと助産師さんがやってきてくれて、「子宮口が3センチ空いていて入院の手続きをしました。来てて下さい」とのこと。

やっと陣痛室へ向かうと妻がベッドで横になっていた。

日曜02:00~ 陣痛が徐々に強くなる

経産婦は陣痛開始から出産前でが早いと聞いていたとおり、陣痛の感覚が徐々に強くなっていった。その間に私は妻の腰の辺りを手のひらでさすって、というのを繰り返し行っていた。

私の「妻腰さすり耐久レース」も開始である。

陣痛の感覚が短くなるのと合わせて痛みも強くなっていくようで、場所が違ったり強すぎると

「上!」「違う!」「強い!!」

といった声が妻から聞こえてくるが、妻の痛みに比べれば・・・と従順に要望へ対応していく。

さすって30分ぐらいで腕が疲れてきたが、まだまだこれからという事で体力のペース配分を調整していった。

「この調子なら朝の6:00頃に産まれそうだよね!」

こんな事を二人で話していた。

06:00~ 陣痛が急にペースダウン

当初は順調に陣痛の感覚も短くなっていったのだが、急にペースダウン。当初予想していた時間も過ぎていた。

「どうしたんだろうね」

といった事を話しつつ、まだまだ産まれそうもないため私はコンビニに朝ごはんを買いに。早めに産まれる想定をしていたので携帯の充電器を持ってきていなかったため、コンビニで充電器も購入。買ってきたおにぎりを二人で食べつつ、妻と私は少し仮眠をとることにした。

12:00頃になっても何も変化無し。それなりの痛みの陣痛が続いている。

一人目のときは今頃は出産前のピークになっていたので、どうしたのだろうと不安になったものの、妻には「大丈夫だよ」と言い続けた。

14:00~ 昼食を買いにコンビニへ

昼も過ぎたので、私は昼食を買いにコンビニへ行く事に。それまで携帯電話は妻に持たせていなかったが、気分転換に渡して病室を出た。

コンビニはこれで1日3回目。さすがにオニギリは飽きたので別な物とお菓子を買って病院に戻った。

すると・・・

妻が苦しそうに陣痛に耐えている!!

えぇぇぇぇ!!?何で??

それまでとはぜんぜん違う痛みのようだ。買ってきたものは放り投げて妻の腰あたりをさすってどうしたのか聞いたところ、スマホでスクワットをするといいと見たのでやってみたところ、急に痛みの強い陣痛が着たとのコトだった。

スマホを持たせたのはまずかったな・・・

陣痛が進んだのはいいが、悪いほうに進んでいないか逆に心配になった。痛みもずっと続いているようで、妻も耐えるのに必死で他に気が回らないようなので、急いでナースコールを呼んで助産師さんに見てもらうことに。

私は別の部屋で待たされてしばらくしていると、子宮口が前回になっているようで急いで分娩室に移動することになった。

大丈夫だろうか・・・・スクワットがまずかったんだろうか・・・

分娩室からは妻の「痛いー!!無理ー!」という声が聞こえる。内心ワタワタしているのをよそに、立会い出産のため帽子とエプロンを着て私も分娩室へ。

出産!

分娩室へ入ると、助産師さんの掛け声に合わせて妻がいきんでいる最中であった。

妻の手を取って一緒にがんばろうとしたところ、妻に爪を立てられて手を握られて強い痛みが・・。妻はもっと痛みに耐えているので私も我慢!妻に声をかけ続けた。

助産師さんからは

「目を開けて!」

「声を出さないで息を吐いて!ふーって!」

などなどの声をかけていただきながら、それに合わせて私も妻に声をかけた。

「上手だよ!その調子!」

助産師さん褒め上手と思いながら、無事産まれて欲しいと心の中でずっと願っていた。

分娩台に来て20分ぐらいで赤ちゃんが!

ようやくお腹の赤の赤ちゃんと対面する事ができた。 2人目も父親似だったが、やはり1人目とは違う顔立ちをしていた。

血を拭いた後に写真を取らせてもらい、そこでホッとする事ができた。妻も無事で本当に良かった。

2人目の出産を振り返って

当初の想定より出産に時間がかかったものの、母子共に無事でいてくれて何よりだった。

スクワットは結果的によかったものの、こんなに効き目があるとは思わなかった。

これから家族のためにがんばっていこう!

おすすめの記事